ゲーム・アニメ・声優・映像・プログラミング・イラスト・サウンドの専門学校

ゲーム総合学科

ゲームムービー専攻

ゲームムービー専攻

GAME
MOVIE

迫力のある
ゲームムービー
をつくろう!

こんな人におすすめ!
  • ハイクオリティな3DCGを作りたい!
  • リアルなキャラクターや背景を作りたい!
  • ゲームムービーで使われる映像技術を学びたい!

ゲームのオープニングムービーのようなハイクオリティの映像技術を習得します。デザイナーの基本であるデッサン力を身につけ、ゲーム制作の授業では「After Effects」「Premiere」を使い、映像演出の方法を学びます。

2年間の目標!

職業は
3DCGモデラー/映像クリエイター/
コンポジターなど

を目指そう!!

学びのポイント

時間割と主な授業内容

時間割

こんなソフトを使います!
Maya/Premiere/After Effectsなど

※教育効果を考慮し、授業は変更になる場合があります。

デッサン

デッサン

静物デッサン、ヌードデッサンを通して、物を見る観察力を身につけ表現力向上を目指します。

3DCG(Maya)

3DCG(Maya)

業界標準のソフト「Maya」の使い方を学び、3DCGでキャラクターや背景を制作します。

映像演出

映像演出

After EffectsやPremiereを勉強し、ハイクオリティなオープニングムービーを制作します。

モーションデザイン

モーションデザイン

登場するキャラクターの立ち回りや、リアルな動きを表現する方法を学びます。

-INTERVIEW -
[在校生インタビュー]

多賀谷悠聖さん

PART.1 学校生活編

多賀谷悠聖さん

大館工業高等学校 出身

作り終えた時の
感動は素晴らしい。
今熱心に取り組んでいる授業は「3DCG基礎」という授業です。3DCGは初めて触れるので慣れるまで時間がかかってしまうことがありますが、作り終えた時の感動は素晴らしいものです。今はまだまだ勉強中ですが、将来は3DCG関係の企業へ就職し今学んでいる事を活かしながら自分の作品を作っていきたいです。

坪川尚史さん内定先
株式会社ハイド
プランナー

PART.2 就職編

坪川尚史さん

明星大学 出身
※東京デザイナー学院 ゲームクリエイター科

自分を知ってもらうため
多くの作品を作ること。
3DCGを制作するためのソフトを勉強したことで人体についての理解が深まり、リアルなキャラクターモデリングを行えるようになりました。他には、自分のことを企業の方によく知っていただけるよう多くの作品を作ることを心がけていました。自分で目標を立て、それに近づけるよう日々頑張ることが大事です。

ゲーム総合学科トップ

アニメ総合学科トップ

学校情報をCheck!東京ネットウエイブ公式ソーシャルアカウント

PAGE TOP